トップページ » ARGON18 GALLUIUM その2

ARGON18 GALLUIUM その2

N6162959_PRF
VARIO-ELMARIT 12-60mm F2.8-4.0
『ブラックアンドホワイト』




これが、昨日ご紹介した、ARGON18 GALLIUM 2017の完成形です。

意識して、カラーリングには気を配り、一体感のあるカラーのチョイスにしてます。ちょうどホイールのZONDAとも相性いい感じでしょ?



N6162943_PRF
VARIO-ELMARIT 12-60mm F2.8-4.0
『OPTIMAL BALANCE』



職場の自転車先生から、このフレームはどうして選んだのですか?と聞かれたんです。

その時ののぶっちの答えは”オールラウンダー” だからと答えたのですが、


実際、メーカーであるARGON18のうたい文句は「OPTIMAL BALANCE」。
軽さや剛性感、快適性のすべてを高次元でバランスさせてたオールラウンドな特性ですというのが売りのようです。

もう一つの特徴が、ヘッドチューブ。3D HEADTUBEと名付けらえたこのヘッドは、ベアリングの高さを0、15、25mmと3段階で調整できるというもの。これによりヘッド周りの剛性が高いのが良いのだそうです。まぁこの辺はなかなか実感できないんだろうと思いますが、色々とこれから試してみたいと思います。




N6162949_PRF
VARIO-ELMARIT 12-60mm F2.8-4.0
『3D HEADTUBE』


コメント
1. Posted by 10max   June 20, 2018 00:44
こんばんは。
おお、新しいロードですか!
ARGON18・・・恥ずかしながら初めて聞きました。
スイスのメーカーなのですね。
そしてモデル名がガリウム!
なんだかすごい素材のような感じがしますね。
ガンダムのガンダリウム合金のような(笑)
これだけ軽いと昇りも楽そうですね!
2. Posted by のぶっち   June 20, 2018 20:14
10maxさん>

はい、やっちゃいました!!
ARGON18はカナダのメーカーですよ。

こんど弱虫ペダルの東堂尽八がリドレーから乗り換えするという噂です。もう最新話ではARGON18に借りて乗ってるみたいです。

ちなみに、
他のバイクの名前もクリプトンとかニトロジェンとかラドンとか全て元素記号の名前ばかりだったりします。
登りが楽になればめっちゃうれしいです


コメントを書く




情報を記憶: 評価:  顔   星