トップページ » 印象

印象

N3054079_PRF
ED 12-40mm F2.8 PRO
『走行後のひととき』 



そう言えば、折角カンパニョーロ ZONDA なんていう、自分には似つかわしくないホイールに交換して走ったので、ちょっとそのファーストインプレッションを書いてみたいと思います。

ですが、初めてホイールを交換したわけですし、何より元々のR501ですら半年ぐらいしか使っていない超初心者の言葉だってことだけはお忘れなく(笑)





【外観】
正直言って、ほんとにこの Campagnolo ZONDA 2016 めちゃめちゃカッコいいです。
G3組というやつも実際に見るとかなり印象的ですし、 赤、白、黒で構成されたデザインはとても印象がいいですね。
また、これは自画自賛ですが、My BASSO LESMO君との色合いも抜群じゃないですか!?

【走り出し】
これは正直微妙です。確かに微妙に出だしの軽さを僅かながらに感じますが、じゃあ「うぉぉお!」と唸るほどに思えるか?という程のことはありませんでした。これ、きっとですがR501に戻さないとその良さに気づけないかも。逆に戻せば、え、、、これ重くない?ってか難じるのかもしれませんね。

【乗り心地】
 ZONDAに変えて、ここが一番印象が変わりました。ものすごく乗り心地がいいんです。犀川サイクリングロードの終点を越えてから犀川河川敷沿いを走り続けると、砂利や側溝に蓋をしたガタガタの場所があるのですが、ここの印象が劇的に変わりました。今までは、段差ごとに突き上げて失速する感じだったのですが、ZONDAはコトッ、コトッと何となく段差越えに丸みがあり、優しい突き上げになって、しかも失速しない感じなんです。ここ凄いかも? 

【平地巡行】
走り出しの感じは言う程は感じないって先ほど書きましたが、一方で平地巡行しているときに転がりが良いのか失速しなくて走りやすいです。
気づいたら、軽くペダリングしているだけなのに普通に進んでいきますね。


【ラチェット音】 
カンパやフルクラムのホイールはラチェット音が大きいというかうるさいというのが定説ですが、音はめちゃめちゃ静かでした。ただし、昨日58km走りましたが、今日その整備のためにホイールをちょっと回すと、微妙にラチェット音が大きくなって、独特の響きが聞こえます。これもしかしてハブのグリスが少し馴染むと段々音がうるさくなってくるのかもしれません。

【重さ】
昨日のヒルクライムで間違いなく以前より登る際に軽さを感じました。あぁこれがホイールを変えての軽さなんだなぁ~って印象です。ただ・・・昨日は途中で、後輩のカーボン自転車(105)を借りてヒルクライムを試乗したのですが、こちらの軽さは尋常じゃない。さすがに、ホイールの軽さも大事だけど、自転車そのもののカーボン8kgとクロモリ11kgの3kgの差は尋常じゃないですね(^^ゞ 


【総合的な印象】 
まぁ、確かにこのホイールは、一番初めに変えるべきホイールの筆頭に挙げられるほどのベンチマーク的なホイールなんでしょうね。なので総合的に嫌なところは何もなく、乗り心地の良さや巡行のしやすさがでてきて少し走るのが楽になりました。 

ところがですよ。結局はエンジン(人間)がどれぐらい出力できるのかの方がよっぽど大事で、貧脚だとどうにも山は登れないってことですかね。

2017のワイドリムモデルが欲しい人は良いとして、2016年モデルのZONDAが欲しい人はとにかく急いだほうが良さそうですね。流石に通販とかで探しても見当たらなくなってきました。
見た目の外観と言い、巡行のしやすさや乗り心地の良さと言い、買ってよかったと思います。



トラックバックURL
コメント
1. Posted by 10max   March 07, 2017 21:21
こんばんは。
おお〜ZONDAですか!
かっこいいっすね〜!
G3組みも印象的です。
私のバイクも白赤なので、これは合いそうです♪

そして一つ前の記事、大変でしたね・・・!
危うく遭難じゃないですか。
いやー、道の駅があってよかったですね〜。
山の中に取り残されたら生きた心地がしませんからね^^;
2. Posted by のぶっち   March 07, 2017 21:55
10maxさん>

G3組みカッコいいですよね。後はこのホイールのデザインがやっぱ大きいですが、これ2016モデルなのでこれがいいなら早く手に入れるか中古探さないとダメになっちゃいそうですよ。2017はちと悲しいデザインですし。。

それと、そう・・・日が暮れるとヤバいって感じに皆なってて、流石に焦りましたね。携帯の電波も届かない場所だったので猶更でした。
コメントを書く




情報を記憶: 評価:  顔   星